Q & A

よくあるご質問

人間形成

q 学外活動について、参加する生徒は希望すれば参加できるのでしょうか。選考などはございますか。
a 学外活動として、生徒に紹介しているプログラムには、コンテスト・研修・ボランティアなど様々なタイプのものがあります。希望すれば参加できるものが多いですが、中には経歴書や作文などの選考に合格した者のみ参加できるというものもあります。また、生徒自らが探し出した学外活動に学校の承認を得て参加している生徒も大勢います。
 
q コミュニケーション能力を高めるためのカリキュラムはありますか。
a 洗足学園では、「高い学力」・「豊かな感性」・「コミュニケーション能力」・「広い視野」の4つの視点を柱とした能力の育成と、正しい自律の実現を課題として教育計画を組み上げております。授業時間を65分と比較的長くとり、対話を重視した授業内容へと進化しました。これにより、授業内にグループ活動やディスカッションなどの時間を十分に確保することができ、自分の意見を伝えること・相手の意見を受けて発言するという力が身についているように感じています。
 
q 情操教育としての取り組みで何かありましたら教えてください。
a 情操教育については、改まってするものではなく、普段の授業を含めて学園生活全般の中で行うものであると考えています。ただ、生徒の精神的な発達段階によって方法が異なりますので、学年集会・ホームルームを通して、中学1年では「建学の精神」、「生活規律」、中学2年では「社会貢献」、「ボランティア」、中学3年では「社会を知る」、高校1年では「自己発見」、高校2年では「将来設計」、高校3年では「目的成就」というテーマで教育を実践しています。
 
q 共学と比較して女子校としての利点をどう考えるか。
a 男子生徒がいない分、自信を持ってリーダーシップを発揮する機会が存分にあるように見受けられます。また、全ての活動を女子生徒が行なうのでより協調性が養われると思います。
 
q 他流試合を行う場合の授業の出席や欠席の日数は?
a 他流試合を行うにあたって学校を欠席する場合、公欠を認めています。
 
q 女の子同士のいざこざ、トラブル、悩み事など出てくると思います。そのような時の対応を教えてください。
a 状況によって対応の方法は異なりますが、本人からまたは周りの生徒から申し出があった場合は、慎重に事実関係を調査し、家庭と連絡を取りながら家庭(加害者・被害者)と学校が一体となって解決の道を見出します。また、申し出がなくても生徒が普段の様子と違った場合は、本人と面談するとともに、友人・家庭に生活状況をヒアリングし、状況確認をして解決にあたります。必要に応じて保護者の方やカウンセラーの先生とも相談して誰もが納得できる形で解決していきます。
 
q 「謙愛の精神に基づいた人間教育」とありますが、生徒ひとり一人と先生方の距離はどうでしょうか。なにか悩みにぶつかったとき、どのように寄り添っていただけますか?
a 教員は、常に生徒一人ひとりを大切にし、普段からその様子を見るように心がけています。朝終礼や授業はもちろんのこと、その他にも生徒と接することができるあらゆる機会を大切にしています。そして、生徒とのコミュニケーションを欠かさないようにしています。生徒が相談したり、悩み事を話したりすることができるように、担任による生徒との個人面談も必ず行われます。また、定期的なもの以外にも生徒が希望すればいつでも相談に乗る体制をとっています。また、生徒の様子に何か変わったことがある時には、教員の方から声をかけて、話を聞くこともあります。そして、そのような面談の際には、まずは生徒の話をよく聞き、悩み事があれば、生徒の立場に立って、少しでも悩みを解消できるように、一緒に考え、アドバイスをしていきます。ただし、一方で生徒の自立を妨げてしまうような、生徒が教員に依存し過ぎるような関係をつくらないということも意識しています。
 
q 帰国生と一般生との間での友人関係は円滑でしょうか?
a 円滑です。目立った揉め事はありません。スピーチコンテストでは、一般生は帰国生の発音の良さに驚き、そして憧れを抱いています。
 
q クラブ活動は中高一緒に活動するのですか?
a 一緒に活動しています。後輩は年の大きく離れた先輩の姿から多くのことを学んでいるようです。
 
q 洗足学園では「謙愛」の心を育むことを建学の精神とされていますが、具体的にどのような形でその精神を生徒に植えつけているのでしょうか?
a 学校行事を行う際に、お互いを理解し助け合う努力をすることは必要なことです。このような活動を通して「謙虚で慈愛に満ちた心」を育みます。また、ボランティア活動をされている方の講演などからも「謙愛」の心を育むことができていると思います。この効果はすぐに現れるものではありませんが、少しずつ身についていくものと考えています。
 
q 女子教育として礼法や精神的なものは、どんなことがなされていますか?
a 本校には宗教色はありませんが、年に1回霊南坂教会の牧師をお招きして道徳的な内容で講話をしていただきます。しかし、それだけに限らず、本校ではHR・授業・クラブ活動・行 事等すべてが礼法や精神的なものを含めた「心豊かな女性になるための教育の場」と考えています。相手を思いやる心を育てることや、挨拶の励行・身だしなみの注意など女性として身につけてほしい礼法やマナーを学ぶのも学力形成と同様、学校教育の担う大事な役割です。
 
q 中高時代を女子だけで過ごすメリットはありますか?
a 今後、女性が社会に出る機会は増えてくるでしょうし、社会で活躍する場、社会に貢献する場は多くなると思います。そうした時代に対応する意味で、体育祭、学園祭、生徒会活動などを女子が運営し、社会的能力を高めることは女子校のメリットであると考えています。
 
q 生徒の心のケアについてはどのようなサポート体制がありますか。
a 臨床心理士が週2回、精神科医が月1回出勤し、予約制で相談を受けます。出勤のない日はメールで相談を受け、出勤日に面談をします。問題が複雑な場合は、家庭・学校・カウンセラーの三者で問題解決にあたります。
 
q 上品な女の子が多い印象です。先生方から見た生徒像はいかがですか。
a 現在、在籍している生徒たちは、明るく元気で素直な子が多いと思います。ただこのような性格の生徒が校風に合うということはなく、お互いの個性を尊重しながら学校生活を送っています。
 
q 「学外活動」と「自治活動」の違いは何でしょうか。
a 自治活動とは、生徒会や委員会、部活動などの学校自治に関する活動です。学外活動とは、学校のカリキュラム以外に生徒が自発的におこなう活動です。
 
q 入学直後など、友人関係そのほかに不安があった場合、カウンセリング・相談などどのように対応していただけるでしょうか。
a 授業やHR、部活動などを通して、複数の教員が一人ひとりの状態を常に確認しています。担任と本人との面談は年間2回、保護者面談は1回以上行っていますが、不安や相談があれば随時対応しています。カウンセリングを利用することもできます。入学直後は特に不安な時期だと思いますので、「構成的グループエンカウンター」の実施やこまめな席替えなど、友人関係のスタートをサポートしています。
 
q どのような生徒を受け入れたいと望んでいますか。
a 本校といたしましては、様々なタイプの生徒がいるのが自然な状態と考えております、その中で多様性を肌で感じ、多様な対応を学び取ってもらいたいと思っています。内気な生徒も学校生活を送っている内に色々な刺激を友人から受けて、自分を前面に出していきたい、と変化する生徒も多数おります。本校が好きな生徒なら誰でも入っていただきたいと思っております。
 
q いじめの実態や対応について教えてください。
a 本校のいじめの特徴は、お互いの不十分な意思疎通が多く、うまく離れられず誤解してしまうケースの多さです。当事者がいじめとみなせばきちんと対応する体制を整えております。ただし、教員は普段から生徒一人ひとりの様子を見るように心がけ、年数回の担任との個人面談以外にも、生徒の様子に何か変わったことがある時には、教員の方から声をかけて本人と面談を行っています。また、家庭や生徒から相談があった時には、すぐに友人・家庭などに生活状況をヒアリングし、状況確認をしながら解決にあたります。教員、家庭、カウンセラー、友人などが一体となって対処し、改善の方向に向かっていきます。
 
q 学外活動への参加については、学校からどのようなサポートがありますか。
a 学校から紹介を積極的に行っております。その場合はひとつのジャンルに偏ることなく、様々なジャンルから生徒が学内では経験できないものを体感できるものを選んでおります。
 
q 学校は、生徒の学外活動をどのように把握しているのですか。
a 学外活動に参加する前に申請書、参加した後に報告書を担任に提出します。個別に詳しく話を聞いたり、学年集会などで成果を報告してもらうこともあります。
 
q 生活指導やしつけについて教えてください。
a 挨拶、礼儀、コミュニケーションを深めるためのルール、時と場所をわきまえた行動など基本的な生活習慣については学校側としても大切なこととして指導します。加えて、将来、“社会に出る”ということを考えると多様な考え方、価値観があるということを知ることも大切ですし、認め合うことも大切だと考えています。
 
q 学外活動は必須ですか。
a 学外活動は基本的には任意参加ですが、エッセイコンテストへの応募や、中学2年生の夏休みのボランティア活動など、一部は宿題となるものもあります。宿題をきっかけに、熱心に参加するようになる生徒も多くいます。
 
q クラス替えやクラス編成はどのように行われますか。
a クラス替えは毎年実施しますが、成績順ではなく均等にクラス分けをしています。高校2年からは文系・理系に分けていますが、両方とも5教科をまんべんなく学習した上で、将来の職業や大学選びに基づいた選択となります。
 

page_top