News & Topics

ニュース&トピックス

学園の最新情報はこちらをご覧ください。

2024.06.14

生徒たちがハーバード大学アカペラグループのコンサートを鑑賞しました

6月8日(土)、慈善家の笹沼泰助氏のご自宅で開催されたハーバード大学アカペラグループの「Krokodiloes」のコンサートに、本校の合唱部の生徒や将来ハーバード大学進学の志を持つ生徒4名が招待され、鑑賞をいたしました。

「The Harvard Krokodiloes」は、1946 年に設立されたハーバード大学最古の合唱団で、学業の傍ら世界各地で公演し、音楽の親善大使として広く知られており、卓越した歌唱力を誇ります。
当日は、コンサートの鑑賞に留まることなく、他の招待客との会話や食事を楽しみながら、現役ハーバード大学生との交流を行うことができました。

この貴重な機会を振り返り、校長室で宮阪校長先生に報告を行った生徒たち。
その生徒たちからの感想が届いています。
是非、お読みいただければと思います。

高2 H.Mさん
ハーバードのアカペラグループは歌も演技も合わせて一つのパフォーマンスを作り上げていて、本当にたくさんの練習をしたのだということが伝わってきました。
世界一の大学のハーバードの学生で、勉強も忙しいはずなのに、自分が好きなことにも時間を費やしているということに感心しました。
私達もたくさんのことに日々追われていますが、自分の好きなことをやり通すことは、いくらでもできるのだと学びました。

高2 M.Sさん
「The Harvard Krokodiloes」のアカペラグループは、才能があるシンガーの集まりというだけではなく、チームワークと個々のリーダーシップ、そしてユニークな才能で結ばれたグループだと思いました。

高1 K.Nさん
Krokodiloesのみなさんの演奏はコーラスのスキルはもちろん、パフォーマンス性に優れており、それらを合唱部の今後の活動にも活かしたいと思いました。

高1 U.Mさん
とても素晴らしいコンサートでした。
アカペラのハモリも綺麗でしたし、ショーのように場面が変わっていくのが面白かったです。
また、笹沼さんや他の方々とのお話から学ぶことも多くあり、とても充実した時間でした。
ハーバードの学生さんたちも、趣味が似ていたので、親近感を感じました。

生徒たちにとって、今後の活力と将来に向けての糧となる素晴らしい機会となりました。

>詳しくはこちら

2024.06.13

中3 キャリア学習 保護者へのインタビューの取り組み

中学・高校の6年間は、自己の学問的な関心を見出すとともに、生涯に渡ってどのように社会に貢献していくか、自己のキャリアを見定めるための大切な時期でもあります。
洗足学園では、生徒の発達段階に応じて様々なキャリア教育に関する取り組みを行っています。
今回は中学3年の取り組みを紹介いたします。

生徒たちにとって、最も近くで日々の生活を支えてくれる応援者は、何と言っても保護者です。
当たり前のように近くにいるからこそ、あまり尋ねる機会のない、保護者の人生の歩みについて、生徒たちがインタビューを行いました。

保護者が専攻した学問について、どうしてそれを選んだのか。
大学の学びと職業につながりはあるか。
なぜ今の職業を選んだのか。やりがいはどんなことか。
中高生のときにやっておけば良かったことは何か。

インタビューして分かったことを教室で共有し合う生徒たちの表情には、これまで知らなかった保護者の一面を垣間見た嬉しさと、誇らしさがにじみ出ていました。
「お父さんが色んな国の人と共に働いているなんて知らなかった、すごいよね」
「お母さんが部下の育成にやりがいを感じているなんて、想像がつかなかった。憧れるなあ」

中学生となり、改めて口にする機会は少なくなった保護者への感謝と尊敬の念は、打ち解けた同級生同士の会話の中では言葉にしやすいようです。

現在は社会の変化もめまぐるしく、生徒たちの前に広がるキャリアの選択肢も無数です。
生徒たちは、自己の人生の指針をどのように定め、道を切り拓いていくかを決めあぐね、迷う日がこれからもきっとあることでしょう。
そんなとき、誰よりも近くで応援してくれる保護者にも、かつては迷いの日々があったことや、それを乗り越えて人生を進んでいることに、生徒たちはきっと何より励まされたことと思います。

洗足学園では、これからも生徒たちが幸福な自己実現に向けて常に歩み続けられるよう、様々な取り組みを実践していきます。

>詳しくはこちら

2024.06.12

中2 卒業生講演会の様子を紹介いたします

中学2年ではこの日、本校卒業生で JICA(独立行政法人 国際協力機構) に入構した田中真理子さんにご講演いただきました。

田中さんの講話は、JICA の役割や世界の現状、日本との関わりなど多岐に渡り、朝食のメニューや普段着用している衣類など、生徒たちの身近にあるものを例に挙げつつ、国際協力の必要性を話してくださいました。
特にご自身が派遣されたブータンでの活動体験は、生徒の興味を強く引き付けていました。

生徒たちからは、
「ODA(政府開発援助)は単に先進国が途上国を助けるだけではなく、支援する側の国にもメリットがあると知ることができました。」
「支援する側の国に寄り添う姿勢が、素敵だと思いました。」

といった感想が寄せられました。

自分たちには何ができるのか。
現在や将来に思いを馳せながら耳を傾ける生徒の姿が、大変印象的でした。

>詳しくはこちら

2024.06.11

書道部・写真部・文藝同好会の合同展示が行われました

本校では生徒の自治活動の大きな柱として、部活動・同好会活動が位置づけられています。
生徒たちは学業との両立を図りながら、活動に打ち込んでいます。
今回は文化部・文化系同好会から、書道部・写真部と文藝同好会の合同展示企画を紹介いたします。

普段より、身の周りにある何気ない風景の中にも物語を見出し、撮影を通じてそれを表現している写真部。
その写真部が撮影し、現像した写真に、書道部の生徒たちが毛筆で書いた「文字」を、文藝同好会の生徒たちが詩として表現した「ことば」を添えていきます。

雲の合間から山の稜線に降り注ぐ光を切り取った写真には
「雲のすきまから
 のぞく光に
 あの日の私は
 何を思ったのだろう」

という詩が添えられていました。

映像とテクストが融合し、新たなジャンルの芸術として生み出された作品に、多くの生徒たちが足を止めて、真剣な眼差しで鑑賞をしていました。
生徒たちの意欲的な取り組みを今後もレポートしていきます。

>詳しくはこちら

2024.06.10

紫陽祭(合唱コンクール)が行われました

6月8日(土)、中学行事の「紫陽祭」が開催されました。

昨年度より「合唱コンクール」として開催されている「紫陽祭」。
「紫陽祭」というタイトルには、小さい花が集まって大きな花をつくる紫陽花のように、ひとり一人が集まって大きな力を生み出したいという生徒たちの想いが込められています。
ひとり一人の歌声が重なり、素晴らしいハーモニーとなる合唱にふさわしい行事名です。
そして、今年のテーマは「贈り物」です。
このテーマには、歌という贈り物を届け、家族、先生、友人たちに感謝を伝えるという意味が込められています。
生徒たちは、「洗足学園100周年を迎えるにあたって、これまでの関わってきた全ての人々に感謝を贈る紫陽祭にしたい」という強い決意をもってこの日を迎えました。

これまで中学の各クラスではグランプリを目指し、クラスで団結して練習を行い、当日に向けて努力を積み重ねてきました。
また、運営も実行委員長が中心となり、来場者の誘導、着座案内、司会進行、舞台裏進行など全てを生徒たちが行いました。
どのポジションにいる生徒たちも、全員が満面の笑顔で会場となる前田ホールで活躍をしていました。

各クラスの合唱は、単に声を合わせて歌うだけではなく、今自分たちの伝えたいことを歌声を通して表現していました。
中学1年生の初々しさ、中学2年生の向上心、中学3年生の情熱、どの学年、どのクラスの合唱にも特徴があり、それぞれのメッセージが伝わってくる歌声でした。

グランプリ、学年優秀賞、生徒賞に輝いたクラスも、惜しくも賞は逃したクラスも、「紫陽祭」への取り組みを通して、クラスの結束を強められたようでした。
そして、頼りになる高校生たちがいない中、見事に中学生だけでこの大舞台の運営を行った実行委員の生徒たちは、一回りも二回りも大きく成長していました。

生徒たちにとって挑戦の大切さを感じ、自立への大きな前進ができた1日となりました。

グランプリ   中学3年E組 自由曲「手紙」
中学3年優秀賞 中学3年F組 自由曲「ひまわりの約束」
中学2年優秀賞 中学2年A組 自由曲「ひまわりの約束」、中学2年C組 自由曲「ハルカ」
中学1年優秀賞 中学1年F組 自由曲「ありがとう」
生徒賞     中学3年B組 自由曲「空も飛べるはず」

※生徒賞は、生徒による投票で選ばれる賞です。

>詳しくはこちら

2024.06.07

高2 哲学対話への取り組み

洗足学園独自の取り組みである「哲学対話」。
これまで中学1年生、2年生の取り組みを紹介して参りましたが、今回は学園のリーダー学年である高校2年生の取り組みを紹介いたします。

今回のテーマは「幸福な自己実現とは」です。
進路選択へ向けて、高校2年では「幸福な自己実現×進路」「幸福な自己実現×志望」をテーマに1年間の探究学習を進めています。
今回はその導入として、哲学者の池田晶子氏の著書『幸福に死ぬための哲学』を活用し、「幸福な自己実現とはどのような状態なのか?」について対話を通して考えを深めました。

池田氏の著書にあるテーマの内、「幸福」「自分」「科学と情報」「言葉」の4つのキーワードを取り上げました。
生徒たちはキーワードごとのグループに分かれて著書内のエッセイを読み、それに対しての自らの思いや考えを自由に語り合っていきます。
対話が終了した後には、全員がエッセイの中で最も印象に残ったワードを選び、短冊に書いて自分の1年間の意志表明としてまとめました。

今年度、高校2年では学年目標を「組む」としています。
洗足学園に入学して以来学習してきたことや経験してきたことを組み合わせ、自分の興味関心を広げ深めるための探究学習を、これからも実施していく予定です。

>詳しくはこちら

2024.06.06

高1 キャリアプログラムのご紹介

本日のNEWS&TOPICSでは、高校1年で取り組むキャリアプログラムの一端をご紹介いたします。

今回のキャリアプログラムは、実際に企業の第一線で働いていらっしゃる保護者を講師としてお招きし、具体的にその職種がどのようなものであるのか、どのような価値を社会に提供しているのか、その職種の働きがいや働き方がどのようなものであるかなど、リアルな声を伺うプログラムです。

27名もの保護者にご参加いただき、物流関係、建築関係、医療関係、IT関係、交通インフラ関係、エンタメ関係、官公庁など、多種多様な職種について学ぶ機会となりました。
また、自分の強みや転職、リーダシップ、女性のキャリアなどをキーワードとしたワークショップも実施されました。
生徒たちは、レクチャーやディスカッションを通じて、多くの学びを得たようです。

「想像よりも大変そうだったが、それ以上にやりがいがある仕事なのだと知った」「これまでぼんやりと思い描くに留まっていた仕事像が、くっきりとした輪郭を持った」といった感想を生徒たちは述べていました。
自身のキャリアを思い描く、大いなる助けとなったようです。

進学のその先に続いていくキャリアを構想する力を、生徒たちには養ってほしいと考えています。
今後も継続的にキャリア教育を実施し、サポートしていく予定です。

>詳しくはこちら

ARCHIVES

一覧を見る

page_top