Q & A

よくあるご質問

入試関係

q 各回において、入試レベルの差はありますか。
a 問題の難易度は3回とも同レベルとなっております。
 
q 繰り上げ合格の発表は3回ともまとめて行うのですか。
a 合否の判定は、それぞれの回で行いますが、繰り上げ合格の時には、受験した中で、一番良い国語の点数と一番良い算数の点数を足して合計点として、良いとこ取りをして持ち点としています。
 
q web出願では写真は不要とのことですが、当日も不要ですか。
a 当日も写真をお持ちいただく必要はございません。
 
q 合格最低点の定義をご紹介願います。
a 合否は2教科もしくは4教科の合計点で判断します。合格者の中での合計点の最低点が合格最低点となります。
 
q 複数回受験とどの程度、有利・不利があるのか教えていただきたいです。
a 複数回受験した場合、繰り上げ合格の順位付けをする際に受験した中で一番良い国語の点数と一番良い算数の点数を足して合計点としますので、1回の受験より繰り上げ合格に際して有利な場合もございます。
 
q 洗足学園小学校から上がってくる生徒さんの数はどの位ですか。中学入学者との比率を教えてください。
a 例年、10~20名の生徒が洗足学園小学校から中学校に入学されます。割合としては5%前後になります。
 
q 入試問題説明会における模擬問題の位置付けはどのように考えれば宜しいでしょうか。過去問と同様になりますか。
a 実際の入試より試験時間が短いので問題量は少ないですが、その年の入試問題説明会のために作成した新しい問題となります。難易度は本番とほぼ同じになるよう作成しております。
 
q 入試問題説明会のタイムスケジュールが知りたいです。
a 午前は8:30、午後は13:00集合です。児童の皆様は、試験を受けた後、解説を聞きます。保護者の皆様は、まず解説を聞き、その後児童が終わるのを待ってもらいます。終了予定時刻は午前は12:15、午後は16:45になります。
 
q 2教科と4教科受験があるのはなぜでしょうか。
a 保護者の方の転勤などにより、小学校6年生になってから本校の通学圏に引っ越をされ、中学受験に取り組むご家庭も多くいらっしゃいます。このような受験準備の短い方にも広く門戸を開くために、2教科受験を実施しております。
 
q 算数の試験について。途中式の模範解答をウェブサイトで拝見しました。まるで解説のように日本語で論理的に説明されているのですが、あそこまで書く必要があるのですか。また、筆算では途中点はもらえないのでしょうか。
a 日本語で書かれていなくても、答えを導くのに必要な途中式や筆算が書かれていれば、加点の対象となります。
 
q 姉が入学した妹の入学は優先されるか。
a 同点の方の繰り上げの順番を決めさせていただくときは多少考慮しますが、優先されるわけではありません。
 
q 2科受験、4科受験の選択で、子どもの特長にあわせて選択したいと考えています。
どちらがどのような子に向いているのでしょうか。
a 合否判定は、まず合格者発表数の80%を、2科の合計点上位から順番に選びます。残った20%は4科で受験した人の中でまだ合格が決まっていない受験生の4科の合計点の上位から順番に選びます。したがって、4科受験生は判定の機会が2回あります。このことから考えると理科社会が得意なお嬢さんには4科がおすすめかと思います。ただし、受験そのものでは特に有利不利はないと考えています。2科目に絞って受験を目指す方も、毎年少なからずいらっしゃいます。また、入学後も受験勉強とは違った側面から学習していきますので、理社を勉強してきた生徒たちに追いつけないということはありません。
 
q 過去問をどのように進めていくことが合格につながりますか?
a 過去問題は学校の出題傾向や時間配分を把握することができます。よく研究し、繰り返し問題演習をして試験に臨んでほしいと思います。ただし、特に社会や理科では、ニュースや新聞を日ごろからよく見ておくことも重要です。色々なことに関心を持つ姿勢が大切になります。
 
q 国語の記述問題で字数制限のない問いですが、大体の字数の目安はあるのでしょうか?
a たとえ内容はあっていても、1文字でも超過すれば採点対象外…というケアレスミスによる減点を取り払うことが目的ですので、むやみやたらに長文を書かせる問題ではありません。ご安心ください。解答欄の1行に20文字を目安に問題を作成しておりますので、行数で大まかな字数を把握していただくことができます。多少字が大きかろうが小さかろうが、問題はありませが、1行に2行分書くことはできませんのでご注意ください。
 
q 試験時間内にお手洗いに行きたくなったときの対応を教えてください。
a 入学試験時間内に、お手洗いに行きたくなったときには、係生徒が付き添ってお手洗いまで誘導します。その後、会場に戻り、受験を続けることができます。
 
q 保健室受験で不利となる事はありますか?
a 全くございません。体調不良の中、合格を勝ち取る受験生も毎年います。
 
q 小学校の欠席日数は入試に関係ありますか?
a 関係ございません。
 
q 入試にあたり、各教科どのような力を重視していますか。
a 各教科ともに難問・奇問ではなく、基本的な問題を中心に出題しております。問題に対してじっくりと考えて取り組む姿勢、単に知識を暗記するだけではなく「なぜそうなるのか」ということを考えながら日頃から本や新聞に触れる姿勢を重視しています。
 
q 入学試験のときの休み時間の際に、あめやチョコレートなど甘いものをいただいてもよろしいでしょうか。また、ノートや参考書などの持ち込みは許可していただけるでしょう か?
a 入学試験の休み時間に飲み物やあめ、チョコレートを取ることは可能です。ノートや参考書の試験会場内への持ち込みも可能です。
 
q 第3回入試の4教科受験でも国・算の2教科で最初の80%の合格者を決めるのでしょうか?
a 第3回入試においては合格者全員をはじめから4教科の総合点で決定いたします。
 
q 各教科の足きり点はありますか?
a 各教科の足切り点はありません。あくまでも合計点で判定します。
 
q 家庭が片親でも不利にはならないでしょうか?
a 家庭環境が合否に関係することはありません。
 
q 1回目受験時の問題用紙は2回目以降の準備のために持ち帰れるのでしょうか?
a 受験生は問題を持ち帰ることはできません。
保護者の方 には、受験生が試験を受けていらっしゃる時間に問題解説を行いますので、その際にお渡しいたします。また、試験終了後は、事務局でお受け取りいただけます。
q 試験の時どのような服装が望ましいのでしょうか?
a 普段着で結構です。雪が降ったりする場合もありますので、長靴着用でもかまいません。
とにかく受験しやすい格好で おいでください。
 
q 入学金の返金はありますか?
a 一度納入された入学金は返金されません。
 
q テストのとき、シャープペンシル・蛍光ペンを使用してもよいですか?また、定規・コンパスはいりますか?
a シャープペンシル・蛍光ペンを使用することはかまいません。定規・コンパスは必要ありません。必要がある場合は、本校で用意します。
 
q 入試での国語の記述問題の中間点、算数の計算式の中間点はどうなっていますか?
a 国語の記述問題には中間点を与えています。算数も、一部の問題には中間点があります。
 
q 合格証書の交付は1日限りでしょうか?また、代理の者でもよろしいでしょうか?
a 合格証書の交付は試験翌日のみです。受験票さえあれば、本人でなくてもかまいません。
 
q 2月5日だけ受験するとかなり不利になるのでしょうか?
a 受験回数による不利はありません。
 
q 2科目受験でも大丈夫でしょうか?
a 2科目に絞って受験を目指す方も、毎年少なからずいらっしゃいます。また、入学後も受験勉強とは違った側面から学習していきますので、理社を勉強してきた生徒たちに追いつけないということはありません。
 
q 塾主催の説明会と一般向けの説明会は違うのですか?
a  基本的には同じですが、本校主催の学校説明会では保護者向けに生徒の研究発表や児童の体験学習などがあります。
 
q 公表されている合格者最低点は、繰上げ合格者の点も含まれているのか教えてください。
a 合格最低点は繰上げ合格者を含みません。
 
q 一般入試における帰国子女に対する考慮のようなものはあるのでしょうか?
a 申し訳ありませんが、考慮はありません。
 
q 学校説明会は6年生以外でも参加できますか。
a もちろん参加可能です。ただ、体験授業については低学年の場合、若干の制限がでてしまう場合がありますことをご了承下さい。
 
q 説明会に参加せずに授業の体験はできますか。
a 可能です。保護者の方が説明会に参加しないでお子様の体験授業を見学することもできます。
 
q 社会・理科の入試は合わせて行われるのですか。
a 社会・理科は合わせて行われます。試験問題は同時に配布され、時間は合わせて60分なのでどちらの教科から始めても結構ですし、時間の配分も60分の中で全く自由です。
 
q 入試対策として、どのような学習が最も有効ですか。
a 国語は、日頃から本や新聞に触れることで多くの知識を吸収し、文章の仕組みを論理的に捉えること、要点を短い文にまとめる練習等を行うと良いでしょう。算数は、過去問題をよく研究し、たくさん問題演習をしてください。また、計算に時間がかからないように速く正確に解く練習も必要です。社会は、様々な事柄について、データや順位を暗記するだけでなく、“なぜそうなるのか”ということを常に意識して勉強してください。理科は、身近な自然現象やニュースに関心を持っておく必要があります。また、単に知識を暗記するのでなく、“どうしてそのようになるのか”ということを考えながら勉強してほしいと思います。詳しくは、12月に実施する入試問題説明会でお話しします。
 
q 繰り上げ合格者の最低点・最高点を教えてください。
a 申し訳ありませんが、公表はしておりません。
 
q 最終解散時刻を教えてください。
a 理科・社会の終了時刻が12時10分です。試験終了後、保護者の皆様と合流するまでは概ね10分から15分程かかっております。
 
q 3回同時出願をして、第1回もしくは第2回で合格した場合、受験料の返金はありますか。
a 返金はございません。
 
q 2科・4科の2種類試験があるのはなぜですか。
a 海外からの帰国や、首都圏への転入後間もない受験生にも門戸を広げるため、社会・理科の基礎でもある国語・数学の2科での受験チャンスを設けています。
 
q 2科判定だけで定員に達するケースはありますか?
a ございません。2科判定では合格者数の8割程度を決定しています。
 
q 算数が苦手な子は不利ですか。4科の合計点で合格レベルの子が、2科判定のために不合格になるケースはあるのでしょうか。
a 合計最低点に達していれば、2科の成績で足切りになることはありません。
 
q オープンキャンパスの予約終了後でも、当日参加できるものはありますか。
a 当日お越しいただき、欠席者などで空きがある講座には参加できます。また、講座を見学いただくことも可能です。
 
q 入試問題説明会について、保護者のみの参加もしくは資料のみの受取はできますか?
a 可能です。保護者の方は、問題の受け取りと、大講堂での各教科の解説への参加ができます。保護者席の人数把握の為、ご希望の回にお子様のお名前でお申し込みください。
 
q マイページに入力する「自己PR」欄は合否判定の考慮の対象となりますか。
a 合否には全く関係ございません。お嬢様のアピールポイントを自由にお書きください。
 
q 入試当日体調不良の場合、別室受験等はできますか。
a 可能です。インフルエンザと風邪を分けて受験を行った年もあります。万が一お嬢様の体調が悪かった場合、当日朝までにお申し出ください。
 
q 算数の学習はどのように上げていけばいいでしょう。
a 過去問題をよく研究して問題演習をたくさんし、計算に時間を取られないよう速く正確に解く練習も行ってください。考え方を記述する問題では、最終的な答えが違っていた場合に途中式を見て傾斜配点を行います。全て加点法ですので、最後まで答えが出なくても自分の考えを記述する練習を心がけてください。
 
q 2月1日より2月2日のほうが募集人数が多いのはなぜですか。
a 例年、本校の入試日程の中で2日の第2回が応募者数・受験者数が最も多くなっております。全ての受験日において、できるだけ多くの受験生の方々にチャンスを広げるため、受験生の多い2日に、募集人数を多く設定させていただいております。
 
q 入学試験の最中に吐いてしまった児童がいたと聞いたことがあります。そのような場合、どういった対応になりますか。
a あらかじめ風邪などの体調不良が判明している場合、養護教諭などの付き添う保健室で受験ができます。試験開始後に具合が悪くなってしまった場合は、試験監督が声をかけ、休み時間に保健室に移動するなどの措置を取ります。それでも試験中に体調が急に悪化してしまった場合、教室内に必ず2人以上いる試験監督が養護教諭と連携しながら対応します。実施会場を移動した例もあります。
 
q 交通機関の遅延による遅刻には対応していますか。当日朝の連絡は必要でしょうか。
a 交通機関が遅延した場合には、別室受験が可能です。本校のホームページにその旨が掲載された場合、個別にご連絡をいただく必要はございません。
 
q 志望理由は受験生と保護者のどちらが書くのでしょうか。
a 保護者の方が書かれる場合が多いですが、もちろん受験生が自分で書いてもかまいません。
 
q 入試問題説明会は1日のみの開催ですが、予約が取れなかった場合や、当日の体調不良で参加できなかった場合はどうしたらいいでしょうか。
a 入試問題説明会は、午前の部と午後の部が全く同じ内容で開催され、両方ともが満席になった年はございません。また、お嬢様が体調不良で欠席の場合、保護者の方が問題を受け取り、解答・解説を聞くことができます。
 
q 繰り上げ合格者の割合を教えてください。
a 例年20名から30名の繰り上げ合格者が出ておりますので、学年の1割程度です。
 
q 繰り上げ合格の発表期間を教えてください。
a 繰上げについては、電話で連絡いたします。例年ですと2月中旬まで行っています。
また、繰り上げ状況はホームページ にも載せています。
 
q 誤字脱字は減点になりますか。
a 誤字脱字は減点されることがあります。
 
q 時計はどのようなものを持ち込めますか。
a デジタル・アナログどちらでも可能です。ただし、計算機能のついたものや、アップルウオッチなど多機能なものは持ち込めません。普段使い慣れた時計をお持ちください。
 
q ホームページでのダウンロード以外に、過去問題を入手する方法はありますか。
a 学校よりの配布はございません。
 

page_top