News & Topics

ニュース&トピックス

ARCHIVES

一覧

2023.10.25

木村宗慎先生の講演会が行われました

昨日修学旅行に出発した高校2年生たちは、本日は奈良・京都を訪れています。
修学旅行の大きなテーマは「日本文化の探究」です。
古都の歴史的遺産に触れることで、現代の日本にも通じる文化を感じ取り、日本の歴史・文化・伝統について他者に伝えられるよう理解を深めることを目的としています。

その事前学習として、10月16日(月)に茶人の木村宗慎先生をお招きして、講演会を開催いたしました。
木村先生は、芳心会を設立し、京都・東京で稽古場を主宰する傍ら、「一日一菓」(新潮社)、「茶の湯デザイン」(阪急コミュニケーションズ)を始めとした多くの著作を執筆、NHK BSプレミアム「ザ・プロファイラー『千利休 常識の壁を壊す進撃の茶人』」にご出演されるなど、ご活躍をされている茶人でいらっしゃいます。

本校の修学旅行は、昨日のNEWS&TOPICSでも紹介いたしました通り、生徒たちが実行委員を中心に0から自分たちの手で創り上げることが大きな特徴です。
本日のNEWS&TOPICSは、修学旅行実行委員長のH.Kさんが、自らこの講演会のレポートをします。
是非お読みください。

この日、芳心会茶道教室主宰の木村宗慎先生に「日本文化」をテーマに講演していただきました。

今回の講演で私が最も印象に残った言葉は「茶の文化は『数奇(取るに足らないもの・粗末なもの)』を集めたものである」というものです。
「世界に誇る日本の茶の湯の文化は、不完全なものや『余白』を愛するこころから生まれてくるのだ」という木村さんの言葉に感銘を受け、今までとは違った視点から日本文化を捉えてみようと思いました。

私たち修学旅行委員は、今回の修学旅行のテーマとして「海外に目を向ける前に日本のことをもっと知ろう」というものを考えました。
現在、「グローバル化」や「世界進出」という言葉が日本中に急速に広がっています。
しかし、立ち止まって考えてみると、私たち日本人は自分たちが思っているほど日本のことを知らないのではないかということに気づきました。

世界中から観光目的で日本を訪れる海外の方々に、自分の言葉で日本の魅力を伝えることができるようになりたい、という思いを大切に修学旅行の準備を進めてきました。
木村先生も、今回の講演の中で「通りすがりの外国の方に『茶道とは何ですか。ペットボトルのお茶との違いは何ですか?』と聞かれたときに、どのように答えますか。」とおっしゃっていました。

奈良・京都での修学旅行を通して、木村さんのこの質問に答えられるように、本物の日本文化に触れ、自分ならではの「好き」を見つけてきたいと思います。

>詳しくはこちら

2023.10.24

修学旅行の実行委員が校長室を訪問しました

本日より中学3年、高校2年の2学年が修学旅行に出発します。
中学3年生たちは九州の地を、高校2年生たちは関西の地を、共に3泊4日の日程で訪れます。

その修学旅行を前にした先週、中学3年・高校2年の修学旅行実行委員の生徒が校長室を訪問しました。
それぞれの生徒がこれまでの取り組みを宮阪校長先生に報告し、実行委員制作の「旅のしおり」を手渡しました。

中学3年の修学旅行の大きな柱の一つが「平和学習」です。
九州の現地校の生徒たちと共に行う「模擬平和会議」は、企画立案から打ち合わせ、当日の進行の段取りまで、すべて実行委員の生徒たちが準備をしてきました。
この他にも、これまで平和に関して調査し、制作したものを展示する「展示会」も生徒たち自らが発案した企画です。
実行委員長の生徒は、「若い世代が平和について考えることは、本当に大切なことだと思います。知識を身に着け、将来に繋げていきたいです。」と力強く語ってくれました。

一方、高校2年の修学旅行のメインテーマは「日本文化の理解」です。
このテーマをどのように修学旅行で実現するか、高校2年では、旅程そのものや体験学習の企画立案など、0から全て実行委員を中心として生徒たちが組み立てました。
座禅を組んでの瞑想体験、全員が着物を着用してのフィールドワークと能楽鑑賞など、考えに考え抜かれたプランが並びます。
実行委員長と副委員長からは「自分たちが考えたプランが本当に成功するのか、正直不安な気持ちもあります。」と胸の内が明かされました。
しかし、その眼、その表情には、これまでの取り組みへの誇りと自信が満ち溢れていました。

両学年とも、一生の思い出となる素晴らしい旅になることを期待しています。

>詳しくはこちら

2023.10.23

11月学校説明会開催のお知らせ

11月25日(土)に一般生対象学校説明会を、11月29日(水)に帰国生対象学校説明会を開催することが決定しました。

説明会では、校長によるご挨拶・学校説明、担当者による入試説明を行う予定です。
また、説明会終了後にご希望の方を対象とした授業見学・校舎見学も実施いたします。(帰国説明会では帰国生英語授業の見学も実施いたします。)
ご予約はmiraicompassよりお申込みいただけます。

一般入試志望者対象学校説明会

開催日
2023年11月25日(土)

開催時間
説明会:10:00~11:00 校舎見学:11:00~11:45
※予約が満席となった場合は、追加で小講堂において、臨時説明会を行います。
 その場合の時程は以下の通りです。(説明会の内容は、大講堂での説明会と同内容となります。)
 校舎見学:10:00~10:45 説明会:11:00~12:00

定員   450組900名
集合場所:洗足学園中学高等学校 大講堂
参加対象:本校の一般入試受験をお考えの受験生・保護者

説明会内容
・学校長ご挨拶、学校説明
・生徒学外活動発表
・2024年度一般入試について
※ 校舎見学は自由見学形式でのご案内となります。

帰国入試志望者対象学校説明会

開催日
2023年11月29日(水)

開催時間
説明会: 10:00~11:15 授業・校舎見学:11:15~12:00

定員   300組900名
集合場所:洗足学園中学高等学校 大講堂
参加対象:本校の帰国生入試受験をお考えの受験生・保護者

説明会内容
・学校長ご挨拶
・洗足学園の帰国生教育について
・2024年度帰国生入試について
※ご希望の方は授業見学・校舎見学のご案内をいたします。

ご予約にあたって:
・より多くの皆様にご参加いただけるよう、当日ご参加いただける人数を一般説明会は1家庭最大2名、帰国説明会は1家庭最大3名とさせていただきます。
・予約の変更はマイページより行ってください。
・参加回の変更は、予約状況によっては行うことができないこともございます。
・キャンセルをする場合は、miraicompassで手続きをお願いします。

学校説明会の申し込み方法

予約受付開始
2023年10月30日(月)AM9:00

予約受付終了
一般説明会 2023年11月25日(土)AM8:30
帰国説明会 2023年11月29日(水)AM8:30
※先着順のため、残席がなくなった時点で予約を終了いたします。

お申込みに関して
1. miraicompassよりお申込みいただけます。こちらのページの最下段の「お申し込みはこちら」ボタンより専用サイトに接続してください。
2.受付完了後、学校説明会参加通知メールが届きます。当日はプリントアウトしたもの、もしくは携帯電話の画面を係の者にお見せください。
3.キャンセル待ちは承りません。

予約の変更に関して
・予約の変更はマイページより行ってください。
・参加日、参加回の変更は、予約状況によっては行うことができないこともございます。

キャンセルに関して
・キャンセルはmiraicompassで手続きをお願いします。

当日に関するご注意
・発熱や風邪の症状がある場合は、当日のご来校を見合わせてください。
・集合時間までに、中学高校校舎2階大講堂にお越しください。
・個別相談会はございません。(校舎見学の際に見学担当者にご質問ができます。)

個人情報について
・お申し込み時にご入力いただいた個人情報につきましては、学校説明会への参加目的に限り使用いたします

>詳しくはこちら

2023.10.20

オープンキャンパスを開催いたしました

10月14日(土)、清々しく晴れ渡った過ごしやすい気候の中、のべ2,000名近くの児童・保護者をお迎えして、2023年度オープンキャンパスが実施されました。
在校生と受験生が活動を通してふれあうオープンキャンパスは、訪れる側も迎える側も心弾む待ちに待ったイベントです。
児童・保護者を迎える在校生は、150名以上が参加してくれました。

在校生たちは一人一人が常に来校者の視点に立って、案内誘導から部活動の体験に至るまで、大変丁寧な対応をしていました。
一期一会の出会いに感謝し、このひと時を心行くまで楽しんでもらいたいという生徒たちの気持ちは、様々な工夫となって表れていました。

TEA LIBRARYにある茶室「緑叡庵」では、茶道部の体験が行われていました。
「緑叡庵」での茶道体験、「茶」の作法レクチャーなど、参加児童が洗足での茶道のすべてを体験できるように、1時間を構成していました。
少人数できめ細やかに児童へのレクチャーを行い「茶の楽しさ」と「本物の素晴らしさ」を伝える工夫には、感嘆を禁じえませんでした。

また、本年度から体験講座の仲間入りをした俳句研究会は、ややもすると難しいと思われがちな俳句の世界をクイズ形式で楽しみながら学べる講座として実施しました。
参加した児童の目を輝かせながらクイズに答え、積極的に在校生たちとコミュニケートする姿が、大変印象的でした。

参加したすべての部活動・生徒会の生徒たちが、それぞれの魅力をそれぞれの発信方法で懸命に来場者に伝えている姿には、洗足学園を誇りに思う気持ちが表れていました。

受験生の皆さんにとっても、在校生との交流を通して、より具体的に洗足学園でのキャンパスライフをイメージできる機会であったのではないでしょうか。
訪れた受験生の皆さんも、お迎えをした在校生たちも、お互いの時間を共有しあうことで実りあるひと時を過ごせたならば幸いです。

>詳しくはこちら

2023.10.19

10月前半のアトリウム展示作品を紹介いたします

洗足学園では、感性を伸ばすことは学校教育における重要な要素である考えています。
恵まれた環境の中で生徒たちは音楽と共に美術や書道といった芸術の授業にも励み、素晴らしい作品を制作しています。
今月前半は、中学1年美術の授業で制作された「色彩アート」が展示されました。

色彩構成を学ぶ授業で制作された作品のテーマは、「季節」です。
春・夏・秋・冬から1つの季節を選んで、色と形でデザインを行います。

生徒たちは、季節の持つ魅力を自分なりに解釈し、想像力を膨らませて、色と形でそれを表現していました。
完成した作品は、感性の鋭さと表現の豊かさ、制作者の思いが伝わってくる力作ぞろいです。
美術で培った力は、きっと他教科での学びや日々の生活の中にも活きていくはずです。

WEB上ではありますが、生徒たちの作品をどうぞご覧ください。

>詳しくはこちら

2023.10.18

中学講話が行われました

2学期中間考査最終日の10月11日(水)、考査終了後に中学講話が行われました。
この日は霊南坂教会から主任牧師である後宮敬爾先生にお越しいただきました。
中学3学年の生徒たちが、大講堂で聴講いたしました。

本校では宗教教育は行っておりませんが、年に1度創立者である前田若尾先生とゆかり深い霊南坂教会より牧師先生にお越しいただき、宗教のお話ではない講話をしていただいております。
本日の講話の主題は「幸福な家族が人生を幸福にする」です。

「皆さんは何歳まで生きますか?」というスライドを表示され、後宮先生は生徒たちに質問を投げかけられました。
「80歳?」「90歳?」と選択肢が示されると、生徒たちは自分が予想する年齢に積極的に手を挙げていました。
欧米の最新の研究によると、日本で2007年に生まれた子どもの寿命中位数が107歳と推測されるというデータが紹介されると、生徒たちは驚きの表情をしていました。
後宮先生は、10年後に生徒たちが就職する際に、半数は今は存在しない仕事に就くということも紹介され、「これから何が起こるか誰もわからない時代を、107歳まで生きる皆さんに必要な力とは何でしょうか?」と問いかけられました。
それは「幸福に生きる力」であると語られました。

では、幸福に生きるためにはどうしたらよいのか。
先生は詩人であり画家である星野富弘さんの生き様を紹介されました。
若い頃、体育教師をしていた星野さんは、不慮の事故による頸椎損傷で首から下が動かない身体になってしまいました。
自暴自棄になりかけた時、幼い頃よく通った道から見えるお墓に書かれていた「すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。」という言葉を思い出されたそうです。
「今、このままの自分で、できることをすれば良い」と思うようになった星野さんは、口で咥えた筆で文字を書き、そして絵を描けるようになりました。

その星野さんを献身的に支えたのは、お母さんでした。
星野さんのやり場のない怒りを全て受け入れてくれ、つきっきりの介護をしてくれた母親の「私の身体を切り刻んででも、生きる力を富弘に与えたい」という言葉が、星野さんの心には深く刻まれているそうです。
全てを失った星野さんが幸福に生きられたのは、「『家族が生きてほしいと思ってくれた』、『家族が共に生きようと思ってくれた』からです」と言葉を添えられました。

後宮先生は、最後に生徒たちにこのようにお話をされ、講話を結びました。
「皆さんが幸福に生きるためには、良い人間関係を築くことが大切です。良い友達を持つこと、そして自分が良い家族になること。そうすれば、未来に前向きに生きることができるはずです。」

後宮先生の講話を通して、生徒たちには明日からの生活をより実りの多いものにしてほしいと思います。

>詳しくはこちら

2023.10.17

ライフセービング世界大会に出場した生徒の挑戦を紹介します

以前のNEWS&TOPICSで、ライフセービング日本代表候補に選ばれた高校2年T.Rさんの活躍をお伝えしました。
本日は、そのTさんが、9月にアメリカ合衆国テキサス州で行われたライフセービングの世界大会である「International Surf Rescue Challenge 2023」にユース日本代表チームとして出場した、その挑戦を紹介いたします。

海外での試合は初めてのTさんは、報告に訪れた校長室で、日の丸を背負って世界に挑むことの重さを感じたと語ってくれました。
身長差をはじめとしたフィジカル面での差がありながらも、Tさんはアメリカチームを抜かし、一時2位につけるなど大健闘しました。
チームとしての結果は、出場3か国中3位となりましたが、その悔しさは来年に向けての頑張りの原動力になると力強く語ってくれました。

銅メダルを胸に帰国したTさんですが、「メダルに価値をつけるのは自分だよ」というユースチームの代表監督から言葉が、深く心に響いたと話してくれました。
Tさんは、自らの課題を見つけ、既に前を向いて走り始めています。

洗足学園では生徒たちの可能性を信じ、その挑戦を応援していきます。

>詳しくはこちら

2023.10.11

修学旅行に向けた取り組み

現在、本校では、2学期中間考査が行われております。
この中間考査が終了すると、中学3年・高校2年ではいよいよ修学旅行が目前に迫ってきます。
本日は、修学旅行に向け中間考査前に取り組んだ高校2年生たちの準備の様子をお伝えいたします。

高校2年の修学旅行では、奈良市内・京都市内でそれぞれ自主研修を行います。
準備集会では、実行委員の生徒たちから自主研修の目的が説明されました。
説明された目的は、歴史を育んできた舞台を実際に訪れ、その魅力を世界の人々に伝えられるようになることで、将来「世界と日本を結ぶ」存在になるための特別な経験をすることです。
この目的を達成するべく、実行委員の生徒たちが、「自主研修中に世界遺産を二つ以上訪れること」という条件を考案しました。
また、京都で行う自主研修では開始前に着物を着付けていただき、一日を和装で過ごすことで、日本の文化をまさに体験しながら研修を行います。

その後、生徒たちは各班に分かれ、市内の地図を広げてそれぞれの研修コースの計画を話し合いました。
多くの史跡や観光スポットがある奈良・京都では、訪れる場所を絞ることにも大変苦労している様子でした。
また、一日着物で散策することを想像しながら、時間にどれくらい余裕を持たせたらよいかなどを相談していました。

それぞれの班が完成させた行程表は、世界遺産を二つ以上訪れているか、移動時間は十分に確保されているかなどを各クラスの修学旅行実行委員が確認します。
それぞれの班が完成させた行程表は、その地を訪れることでしかできない経験をしたいという思いに溢れていました。

奈良・京都の郁郁たる歴史・文化を肌で感じ、生徒たちの感性が豊かに広がることを期待しています。

>詳しくはこちら

2023.10.10

「科学の甲子園ジュニア神奈川県大会」で1位の快挙

国立研究開発法人科学技術振興機構が主催する「科学の甲子園ジュニア 神奈川県大会」で、中学2年生のH.Yさん、S.Kさん、中学1年生のM.Yさんの3名のチームが見事1位に輝き、全国大会出場を決めました。

「科学の甲子園ジュニア」は、科学好きの裾野を広げるとともに、次世代の科学技術イノベーションの創出を担う優れた人材の育成を目的として、科学の力を競う全国規模の大会です。

都道府県の予選会である神奈川県大会では、筆記競技と実技競技が行われ、理数の複合分野において問題解決能力をはかります。
筆記競技、実技競技ともに3人で協力しながら取り組み、高得点を獲得。
見事、神奈川県第1位となりました。

今回の挑戦のきっかけについて、宮阪校長先生に尋ねられると、H.Yさんは昨年の大会に同学年の生徒が参加していることを知って、自分もやってみようと思ったと語ってくれました。
S.Kさんは、学年集会などで先輩たちから学外活動の参加を勧められたことで、挑戦を決意したと話してくれました。
M.Yさんは、理科は苦手だが、得意になりたいと思って参加したとその胸の内を述べてくれました。

3人は夏休み中に集まり、練習を重ねてきました。
決して順調というわけではなく、実技の練習において最初はうまくいかないことも多々あり、また苦手な分野の出題があり、戸惑うこともあったと話してくれました。

12月に開催される全国大会では、神奈川県第2位のチーム3名と協力し6名のチームとなり、神奈川県代表として、兵庫県姫路市の会場に赴きます。
「なかなかない機会ですが、楽しみながら頑張りたいです!」「苦手なところを克服して、万全の状態で臨みたいです!」と力強く抱負を語ってくれました。
今から全国大会が大変楽しみです。

>詳しくはこちら

2023.10.05

カンボジアでのボランティア活動参加生徒インタビュー

昨日のNEWS&TOPICSでは、中学2年生たちの学外活動への挑戦の報告の様子を紹介いたしました。
本日は、今夏にカンボジアでのボランティア活動に参加した高校2年生のインタビューを掲載いたします。

高校2年のH.Yさんは、この夏カンボジアで現地の小学生たちに語学を教えるボランティア活動に参加しました。
自身の海外での経験と洗足での学びから英語が堪能なHさんは、日本語と英語の教授を担当し、子供たちと向き合いました。
現地の子どもたちの積極的な学習への姿勢とキラキラとした目に、「自分は『恵まれた環境で学べていることへの感謝の気持ち』を忘れていたと気づかされた」と、報告に訪れた校長室でHさんは語りました。

街で乗ったトゥクトゥク(現地のタクシー)の運転手さんの話が、今でも心に残っているとのことで、その話を紹介してくれました。。
「その運転手さんは、貧しい家庭の出身でしたが、『日本語を学ぶことで、今、観光に携わることができた』と話してくれました。『教育こそが、自分の人生を変えてくれたのです』という言葉が、私の心に強く刻まれています。」

帰国し、普段の生活に戻った今、これからについて、Hさんはこのように語ってくれました。
「カンボジアの子どもたちは、鉛筆1本の寄付に、心から喜んでくれました。どんな小さなことでも、自分ができることを行っていきたいです。」

Hさんの活動を洗足学園は心から応援していきます。

>詳しくはこちら

2023.10.04

中2 学外活動発表会を行いました

本校では、学園の教育目標である「自立・挑戦・奉仕」のもと、各学年が1年間の学年目標を定めて、日々の教育活動を行っています。
中学2年の学年目標は「跳ぶ」
中1の1年間、洗足学園での生活を過ごした生徒たちに、さらなるチャレンジを通して、よりたくましく育っていってほしいとの思いから、「未知なる世界に跳び込み、『好き』を広げよう」、「困難を跳び越える力を培おう」ということを日頃から伝えています。

今回、ホームルームの時間に、そのような思いを受けた中2の生徒たちが、夏休みに行ってきた学外活動について発表をいたしました。
3Dプリンターを使う実験教室、プログラミングキャンプ、生徒会交流会や日本赤十字のリーダーシップトレーニング研修、課題解決のためのアイデアを競い合う大会、科学に関する知識・技能を競い合う大会、国内でのEnglish Camp、そしてオーストラリア・フィリピンでの語学研修など、多岐にわたる幅広い場所で、たくさんの生徒たちが初めての人たちと出会い、自分と向き合いながらチャレンジをした経験を一生懸命に伝えてくれました。

発表を聞いていた生徒は、「気軽にチャレンジできる短期のものもあるようなので、私もやってみることができるかもと思った」、「おとなしい人と思っていた人が学外活動にチャレンジしていて新しい発見をしているのを見て、自分も機会をつくってやってみたいと思った」、「海外研修なんて自分には無理だろうと思っていたが、プログラムの内容やその環境について知ることができ、楽しそうだと思った」「学外活動をする人は自分とは違う世界の人というイメージを勝手に抱いていたが、知人もやっていたことを知ってとても身近に感じた」などと話してくれ、「次は自分もチャレンジしたい!」という思いを抱くことができたようです。

洗足学園は、これからも生徒たちのチャレンジする姿勢を応援していきます。

>詳しくはこちら

2023.10.03

海外大学フェアを開催しました

本校ではあらゆる選択肢から自らの進路を選び取ることができるよう、全教科型のカリキュラムを導入しています。
幅広い学びを行うことで、自分らしい生き方を見出した時、ためらうことなくその道を進んでいくことができる力の育成を行っています。
進学に関しては、その選択肢の幅は国内の大学のみならず、海外の大学をも包含します。
毎年海外大学に進学する生徒がいることも、本校の大きな特徴と言えます。

生徒たちの選択肢の一つとして海外大学の魅力を知ってもらうべく、この日「Depauw University」「Grinnel College」「Colorado College」「Mount Holyoke College」の4大学のアドミッション担当者・卒業生を招いて、海外大学フェアを実施しました。

各校の大学紹介が行われた後、「海外大学での学びとは」「日本の大学との違いとは」「海外大学へ進学するにあたっての費用は」など様々なテーマに対して、パネルディスカッション形式で説明を行われました。
また、生徒たちからは積極的な質問が数多くあり、それに各大学の担当者が丁寧に答えていました。

参加した生徒たちにとって、海外大学をより身近に感じられ、具体的なイメージを得ることができたイベントとなりました。

>詳しくはこちら

2023.10.02

科学の甲子園に向けた生徒たちの頑張りを紹介します

本校では、生徒たちが自発的に自らの力を学外で発揮する「学外交流活動」を積極的に支援しています。
本日は、洗足学園では「他流試合」と呼ばれている学外交流活動へのチャレンジの為に、着々と準備を進める生徒たちの姿を紹介いたします。

今回紹介するのは、来年3月に開催される「科学の甲子園 全国大会」の選抜選考である11月の神奈川県大会に向け、先生たちの支援を得ながら準備を進める高校生たちです。
「科学の甲子園」は、高校生を対象として、理科・数学・情報における複数分野の競技を行う取り組みです。
大会では、筆記競技と実技競技が課され、出題された課題に生徒たちは挑んでいきます。

この日、理科分野の準備のために、生徒たちはTEA LIBRARYに集いました。
過去の全国大会での出題に取り組むため、TEA LIBRARYに今夏設置されたインタラクティブライブ地球儀「SPHERE」を活用します。
生徒たちは早速「SPHERE」から、過去の災害データを引き出し、本体にビジュアルを、ディスプレイ端末に情報を表示していました。
生徒たちの頑張りを支援しようと理科の教員のみならず、国語の教員も駆けつけ、「SPHERE」に表示された情報をもとに、課題へのアドバイスを与えていました。

本校では、生徒たちのチャレンジの為に、ソフトウェア、ハードウェアの両面で最高の環境を用意し、支援をしていきます。
これからの生徒たちの益々の輝きを期待しています。

>詳しくはこちら

2023.09.29

高2 彩羽祭を振り返る会を実施しました

今月、多くの来場者をお迎えして開催された彩羽祭。
その運営の中心となった各部門の部門長と、全体を統括する実行委員長に、高校2年生全員が感謝を伝えると共に、今年度の彩羽祭を振り返る会が、ホームルームの時間に行われました。

生徒会が主催したこの会では、まず、生徒会が作成した動画を視聴し、彩羽祭を振り返りました。
9分を超える力作となった動画を、生徒たちは歓声をあげながら視聴していました。

その後、実行委員長と各部門の部門長の計6名が登壇し、昨年度からスタートした準備や当日の様子などについて振り返りながら、それぞれの想いを述べていきました。
「各部門の活動の中で、苦労を感じながらも、周囲のサポートがあったからこそ務め上げることができました。」という感謝の言葉が語られていたことが大変印象的でした。

高校2年では、次なる大きな行事として、10月末の修学旅行が待っています。
修学旅行についても生徒たちが主体となり、実行委員長を中心に詳細な旅程の仕上げを行っています。
会の最後には、修学旅行の実行委員長から「みんなにとって最高の修学旅行にするために作業を進めています」という力強いメッセージがあり、大きな拍手に包まれていました。

学園のリーダー学年として、学年全員で協力しながら、行事を創り上げていることが感じられる会となりました。

>詳しくはこちら

2023.09.28

MARUKADOのミニライブが行われました

洗足学園音楽大学・全コースから選抜されたそれぞれ個性バラバラの8人組アイドルグループ、「MARUKADO」。
一つ一つの音をはっきり演奏するという意味の発想記号(marukato)と、常に形が変化しつづけ、矛盾すらも併せ持つ「丸と角」から「MARUKADO」と命名されました。
10月1日(日)に洗足学園前田ホールで行われる結成1周年記念ライブを前に、中高生にもその魅力を感じてもらいたいと、9月21日(木)の昼休みにミニライブが大講堂で行われました。

大講堂には、200名を超える生徒たちが集いました。
メンバーたちのかわいらしくも、洗練された歌とダンスに、生徒たちは魅了されていました。

「クールジャパン」の中核を担うアニメやアイドルは、世界に通用する新しい日本の文化となっています。
大学4年間という限られた時間の中で、全力で歌とダンスに打ち込む「MARUKADO」の姿に、生徒たちは多くの学びを得たようでした。

>詳しくはこちら

2023.09.27

俳句研究会 全国大会出場句がアトリウムに展示されました

8月18日から21日にかけて愛媛県松山市で開催された第26回俳句甲子園全国大会に出場し、大健闘をした俳句研究会。
その全国大会で披露された出場作品が、本校校舎2階の吹き抜けスペースのアトリウムに展示されました。
出場句が拡大印刷された紙は、俳句甲子園大会事務局より贈呈されたものです。

この日展示された作品は、以下の5句です。

まち遠き故郷やトマト背の伸びて
静寂にトマトがはち切れてしまふ
ソクラテス無職と知りてハンモック
青空の奥に銀河やハンモック
黄金虫飛び担任の誕生日

展示された句のうち、高校1年の福田理紗さんの句である「 ソクラテス 無職と知りて ハンモック 」は、以前のNEWS&TOPICSでもお伝えした通り、全1,400句以上の中から13句しか選ばれない優秀賞に輝きました。

アトリウムを通る生徒たちは、興味津々の表情で、展示された句を立ち止まって鑑賞していました。
ご来校の際は、生徒たちの句を是非ご鑑賞ください。

>詳しくはこちら

2023.09.25

今夏の生徒たちの学外活動での活躍 2

先週に引き続き、本日も生徒たちの夏の学外活動での活躍を紹介いたします。
本日は、第63回全国中学校水泳競技大会への出場という快挙を成し遂げた、中学3年のK.Eさんにスポットライトを当てていきます。

Kさんは、7月に開催された神奈川県中学校水泳競技大会のリレー競技に、地元のクラブチームのメンバーの一員として出場しました。
結果は、女子4×100mフリーリレーで第2位、女子4×100mメドレーリレーで第1位に輝き、見事全国大会への切符を手にしました。

香川県立総合水泳プールを舞台に、8月17日から19日にかけて行われた全国大会では、女子4×100mフリーリレーのメンバーとして出場。
Kさんは、3泳として泳ぎました。
チームは予選16位で惜しくも決勝は逃しましたが、4:05.28の好タイムを出しました。

小さい頃から通ったスイミングスクールで、水泳の楽しさを知ったと報告に訪れた校長室で語るKさん。
現在でも週6回、スイミングスクールに通い、練習を続けています。
また、本校では、陸上競技部に所属し、週4回の活動にも参加しています。
学業に、部活動に、水泳に、全力で取り組むKさんの頑張りには、気高さを感じます。

洗足学園では、Kさんをはじめ生徒たちのチャレンジを今後も支え、見守って参ります。

>詳しくはこちら

2023.09.22

今夏の生徒たちの学外活動での活躍 1

この夏、生徒たちは様々な学外活動にチャレンジをしました。
そこで、本日と次回の2回に渡って、生徒たちの夏の活躍をお伝えいたします。

本日は、「Stanford e-Japan Program」を受講し、最終論文審査において優秀賞に選ばれた高校3年F.Rさんが、米国・スタンフォード大学で行われた授賞式に出席した際の様子をレポートします。

昨年9月から今年2月まで、アメリカの教育・宗教、日米関係、第二次世界大戦、二国の文化比較、未来の日米関係などについて学び、オンラインでクラスメイトとのディスカッションや課題に取り組んだFさん。
最終論文では「男女の格差」に関するエッセイを執筆し、その論文が高く評価され、優秀賞に選出されました。

Fさんは、8月5日~9日に渡米し、スタンフォード大学での授賞式に臨みました。
授賞式はSPICE(スタンフォード大学異文化プログラム)主催で開催され、Fさんは「Stanford e-Japan Program」の論文審査で優秀な成績を収めた日本人6名の一人として出席しました。
家族と共に参加した授賞式では、全出席者の前でスピーチを行い、会場からは割れんばかりの拍手を受けました。

報告に訪れた校長室では、授賞式での感想の他に、3度目の挑戦で優秀賞を勝ち得たことや、ネイティブの先生や担任の先生の支えへの感謝の気持ちを語ってくれました。
「将来は国連で働きたい」という夢を持つFさんにとって、世界各国から参加者が集った授賞式での経験は、かけがえのない財産になったようです。

本校では、生徒たちのあくなきチャレンジを全力で応援していきます。
来週月曜日の記事もお楽しみに!

>詳しくはこちら

2023.09.20

中学2年生美術作品の展示を紹介いたします

洗足学園では、感性を伸ばすことは学校教育における重要な要素である考えています。
校内には、ミネルヴァ像をはじめとした一流の芸術作品が置かれています。

恵まれた環境の中で生徒たちは音楽と共に美術や書道といった芸術の授業にも励み、素晴らしい作品を制作しています。
正面玄関を入りすぐの吹き抜けスペースであるアトリウムには、美術や書道の授業で生徒たちが制作した作品が定期的に展示されます。
その作品はいずれも力作ぞろいです。

生徒たちは楽しんで取り組み、芸術の素晴らしさを体感するとともに、自らの創造力と感性を伸ばしています。
作品の一つ一つからは、制作した生徒たちの作品にかける思いが伝わってきます。
そして、見る者に新鮮な感動を与えてくれます。

先週、アトリウムには、中学2年生が美術の授業で制作した塑像が展示されました。
テーマは「新怪魚」です。
中学2年生たちは、未知の海の生物をイメージして、塑像を制作しました。
そのバラエティーに富んだ作品からは、生徒たちの無限のイマジネーションが感じられました。
WEB上ではありますが、どうぞ生徒たちの力作をご覧ください。

>詳しくはこちら

2023.09.19

インターネット出願の詳しい情報を掲載いたしました

2024年度中学入試のインターネット出願に関する詳しい情報を掲載いたしました。
トップページの「インターネット出願」のアイコンをクリックしてください。

「2024年度インターネット出願」ページ内の3つのアイコンの内、右にある(スマホ版は一番下)「[出願手続きの流れ]はこちらから」のアイコンをクリックすると、マイページの作成(事前登録)から出願、受験料の支払い、受験票のプリントに至るまでの流れを確認することができます。

出願の事前登録は各入試共通で、11月9日(木)午前9時より開始いたします。
3つのアイコンの内、左にある(スマホ版は一番上)「[事前登録]はこちらから」のアイコンをクリックして、事前登録ページに進みます。
出願開始日よりも前にメールアドレスや氏名などを登録することで、マイページが作成されます。
マイページに入力された内容は出願時に反映されますので、追加事項の入力のみでスムーズに出願を完了することができます。
なお事前登録の費用は一切かからず、登録されてもご出願の義務はございません。

出願は、3つのアイコンの内、中央にある「[登録済みの方]はこちら(マイページ)」よりログインし、出願手続きを行ってください。
帰国入試は11月29日(水)午前9時より、一般入試は1月6日(土)午前9時より出願受付を開始いたします。

インターネット出願の流れのご確認、受付開始日以降の事前登録及びご出願をよろしくお願い申し上げます。

>詳しくはこちら

page_top