News & Topics

ニュース&トピックス

ARCHIVES

一覧

2024.04.15

1学期学級委員任命式を行いました

4月11日(木)放課後、2024年度1学期学級委員任命式が行われました。
中学校1年生から高校3年生まで各クラスの学級委員の生徒が参加しました。
学級委員は、各クラスのリーダーとして生徒たちをまとめる存在です。

当日は、学級委員の呼名と校長先生の講話が行われました
宮阪校長先生はクラスを導いていく彼女たちに、リーダーシップについてお話しされました。
リーダーシップとは、何もしないで身に着くものではなく、様々な立場で成功や失敗の経験を重ねて身についていくものであり、皆さんは今そのチャンスを手にしていると語られました。
同じ年齢のクラスメイトたちを率いていくことは大変なことであるが、それに挑もうとしている新学級委員の志を称えました。
そして、創立100周年の記念すべき年に学級委員になったことを誇りに思ってもらいたいとエールを贈られました。

生徒たちは凛とした姿勢、決意に満ちた表情で校長先生の話を聴いていました。
その様子は、クラスをまとめていくリーダーとしてふさわしい姿でした。
今学期、生徒たちが輝いていく姿を想起させるような、素晴らしい式となりました。

>詳しくはこちら

2024.04.12

中1 オリエンテーションを行いました

本校では、洗足学園での学びに理解を深め、人間関係を円滑に構築し、学園生活を充実したものにするため、入学式の翌日より4日間の日程で、中学1年オリエンテーションを実施いたしました。
本日のNEWS&TOPICSでは、オリエンテーションの様子をお伝えいたします。

学習面でのガイダンスでは、授業準備についてや本校での学びをより深めていくためのアドバイスが、各教科の先生よりありました。
一方、生活面のガイダンスでは、生徒それぞれの価値観や「感じ方」「受け取り方」は異なること、それを理解した上で他者へ配慮をするといった、円滑かつお互いに高めあう人間関係を構築できるよう先生たちからのアドバイスがありました。
新入生たちの真剣な表情で聞き入る姿には、これからの学園生活を自分たちの力で良いものにしていこうという意志が感じられました。

また、即興演劇の手法を用いたインプロヴィゼーション・ワークショップを通して、クラスメイトとの交流を図りました。
ICTガイダンスにおいては、グループ活動「物語を創ろう」にて、同時編集機能を用いて「お話」を作成しました。
クラスメイトのユーモアあふれる言葉選びに、いたるところで笑い声が聞こえる楽しい時間となりました。

中学1年生たちは、洗足学園での6年間のスタートを素晴らしい形できることができました。

>詳しくはこちら

2024.04.11

第1回防災訓練を実施いたしました

4月11日(木)の午後、2024年度第1回目の防災避難訓練を実施しました。
訓練は、地震が発生した後、1階の調理室から火の手があがったという想定で実施しました。
放送が入り、その指示に従って全員が机の下に退避して頭部を守る姿勢をとった後、グラウンドに避難をいたしました。
中学1年生は洗足学園に入学後初めての避難訓練でしたが、スムーズに校庭へ移動、整列することができました。

グラウンドでは、「能登半島地震から学ぶ防災」をテーマに、先生から防災に関する備えの話がありました。
洗足学園では、万が一の事態に備えて、災害時連絡システムや避難マニュアル、被災後の生活への備えを万全に整えています。
しかし、そのシステムや仕組みを生かすには当事者である生徒たちの意識が重要になります。
生徒たちは防災講話を真剣な表情で聞き入っていました。

その後、帰宅班別に集合し、顔合わせ集会を行いました。
洗足学園では、全校生徒を通学経路ごとの班に分けています。
緊急の場合には学年に関係なく、この帰宅班ごとに協力して無事に帰宅できるよう、防災意識を高めています。

東日本大震災の折には、訓練の成果もさることながら、生徒一人一人が的確に判断を行い、迅速にグラウンドに避難できたことが思い出されました。
帰宅が困難になった生徒も助け合いながら、全員無事に乗り切ることができました。
自然災害の多い日本では、いつ地震をはじめとした災害に見舞われてもおかしくありません。
どんな時も冷静に身を守ることができるように、日ごろから防災意識を高めることの大切さを皆で確認しあう一日となりました。

>詳しくはこちら

2024.04.10

茶道部が満開の桜の下で野点を行いました

4月2日(火)、洗足学園溝の口キャンパスの中心に位置し、憩いの場である「The Lawn」(芝生広場)に植えられた満開の桜の木の下で、茶道部の生徒たちが野点(のだて)を行いました。

野外の茶会とも言われる「野点」は、緑豊かな野外に緋毛氈を敷き、赤い野点傘をさしかけて行われます。
野点の魅力は、堅苦しくなく、自然を楽しみながらお茶をいただけるところにあります。
茶道部の生徒たちは、日頃の活動の成果を遺憾なく発揮し、心を込めてお茶を点てていました。
客人として招かれた宮阪校長先生をはじめとした先生方は、満開の桜を愛でながら、茶道部の生徒の点てたお茶を心行くまで楽しんでいました。

洗足学園には、TEA LIBRARYに日本の伝統技術の粋が凝縮された茶室「緑叡庵」があります。
また、The Lawnの桜の木をはじめキャンパスには緑豊かな自然があります。
生徒たちは四季の感じられる最高の環境の中で、中学高校の大切な6年間を過ごしています。

これからも、季節ならではの行事が生徒たちの学園生活を彩っていくことでしょう。

>詳しくはこちら

2024.04.09

体育祭見学に関するお知らせ


洗足学園では、4月20日(土)に開催される体育祭を公開行事として、受験生・保護者の皆様にご見学いただく機会を設けました。
体育祭は実行委員・応援団の生徒たちを中心に一から作り上げた、まさに生徒たちの手による行事です。是非生徒たちの活躍をご覧いただければと思います。
今年度の体育祭は、予約なしでご見学いただけることにいたしました。
どうぞ、ご自由にご覧いただければと思います。

※雨天の場合は4月21日(日)に順延となります。4月21日(日)も雨天の場合は中止となります。
※天候による体育祭の実施に関してはホームページに掲載いたします。ご来校前に必ずご確認ください。
※セキュリティの関係上、在校生保護者以外の方の写真撮影・ビデオ撮影はご遠慮ください。
※今後の社会状況により実施及び内容が変更される場合がございます。何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます

開催日時
開催日  2024年4月20日(土)
開催時間 8:40~15:00(最終入場14:30)

受付場所
洗足学園中学高等学校 グラウンド
※入退出は自由です。

参加対象
本校の受験をお考えの受験生及び保護者

内容
体育祭の様子をご自由にご見学いただけます。
また、特設テントにて個別相談を承ります。
当日は、下記の時間帯に校内見学(所要時間20分程度)を行います。
ご希望の方は、個別相談特設テント前にお集まりください。
1回目  9:30
2回目 10:30
3回目 13:30

お問合せ
洗足学園中学校事務局
e-mail ao@jh-staff.senzoku.ac.jp

>詳しくはこちら

2024.04.08

健康診断を行いました

4月6日(土)に2024年度の健康診断が行われました。

中学1年生にとっては初めての健康診断です。
入学後2日目の中1生は、少し緊張した面持ちながらも、身体測定・歯科・眼科・視力検査・耳鼻科・聴力検査・内科・心電図の各検査に臨んでいました。
その緊張も次第に解けて、各種検査を待っている際に、昨日のオリエンテーションで打ち解けたクラスメイトたちと楽し気に会話をしている姿が大変印象的でした。

全生徒にとって健康的に学園生活を送ることは大切なことです。
この日の健康診断を通して、生徒たちは健康への関心を高め、健康管理をきちんと行うという意識を改めて持つきっかけを得たようです。
また、このような機会から、生徒たちは社会で必要なコミュニケーション能力を自然と身に着けていきます。

今週からはいよいよ2024年度の授業がスタートします。
本年度もNEWS&TOPICSでは、生徒たちの生活の様子をお伝えして参ります。

>詳しくはこちら

2024.04.05

新年度・新学期がスタートしました

本校では本日より新年度・新学期がスタートしました。
生徒たちは新しいクラス、新しい級友との出会いにワクワクしながら、教室へと向かいました。

本日は、昨日入学した中学1年以外の5学年の始業式が行われました。
先月の終業式に続き2024年度1学期の始業式は、中学の部と高校の部の2部に分け、大講堂で執り行われました。

離着任式に引き続いて行われた始業式では、はじめに校歌の斉唱が行われました。
生徒たちの心のこもった歌声が大講堂に響きました。

続いて、宮阪校長先生からのお話がありました。
校長先生は始めに、この春に開催されたジャパンメトロポリタン模擬国連大会、海外語学研修、部活動の公演「春フェス」といった生徒たちの活躍を挙げられ、その充実した内容と成果を賞賛されました。
そして、新年度を迎えるにあたって、今年100周年を迎える洗足学園の創立者前田若尾先生のお話しをされました。

1924年、関東大震災の翌年に「これからは女性が自立する時代、その自立のための学びの場を設けたい」という高い志によりつくられた小さな学び舎。
わずか6人からスタートした学園ですが、その道のりは険しいもので、戦争で校舎が焼失することもありました。
しかし、若尾先生は強い信念を持ってくじけなかったと校長先生は話されました。
その信念とは「正しいことをしっかりと行っていかなければならない」というものであり、生徒たちには「正しい目標」をもって進んでもらいたいと語りかけました。

その創立者の志が「理想高遠 実行卑近」という標語として、「自立・挑戦・奉仕」という精神として生徒の皆さんに受け継がれています。
これまでの100年で洗足は大きく変わったが、これからはもっともっと変わると校長先生は断言されました。
それは、生徒ひとりひとりが、チャレンジ精神を持って何ができるかを考えているからと語られました。
最後に校長先生は、全ての生徒たちを心から誇りに思っていると述べられ、話を結ばれました。
生徒たちは校長先生の一言一言を胸に刻んで聴いていました。

続いて、学外活動で活躍した生徒の表彰、本年度の体育祭実行委員、体育祭応援団の任命式が執り行われました。
校長先生より任命書を受け取った生徒たちからは、これからの活動にかける気迫が伝わってきました。
任命書受領後、体育祭実行委員長より全校生徒に体育祭に向けての抱負が語られました。

最後に生徒会を代表して、高校の部では新たに生徒会長となった高校2年のN.Yさんからの話がありました。
生徒会長のNさんは、創立100周年を迎えるにあたって、歴史から学ぶことが多いことを話しました。
そして、社会に目に向けることの大切さを生徒たちに呼びかけ、「今できることは少なくても、世界を良い方向にしていきたいと思います」と決意を語りました。
一人一人は微力でも力を合わせれば大きな力になるというNさんの力強い言葉に、生徒たちは目を輝かせて共感していました。

生徒も教員も、新たなスタートに胸躍る一日となりました。

>詳しくはこちら

2024.04.04

中学入学式を行いました

4月4日(木)、洗足学園中学校の入学式が挙行されました。
真新しい緑の制服に身を包み、新入生たちは期待に胸を膨らませて登校いたしました。
教室で入学式の説明を受けたのち、新入生は式場となる前田ホールに向かいました。
一足先に会場に入場していた保護者の温かい拍手に迎えられ、新入生たちは堂々と胸を張ってホールに入場しました。

華やかなファンファーレの音と共に開式した入学式。
洗足学園中学高等学校フィルハーモニー管弦楽団による伴奏のもと、国歌が斉唱されました。
担任の先生による呼名、宮阪校長先生からの式辞、霊南坂教会の後宮敬爾主任牧師の講話に続き、新入生代表から誓いの言葉が述べられました。
新入生代表のM.Kさんの言葉は、その場にいた全員の心に響く、素晴らしい言葉でした。
Mさんの誓いの言葉を紹介いたします。

「誓いの言葉」

洗足学園の創立100周年の節目となる2024年4月、私たち265名の新入生は、洗足学園中学校の入学式を迎えることができました。
大変だった受験を乗り越え、憧れの洗足生となり、緑の制服を着て通える喜びに溢れています。

これからの6年間、勉強や部活動に励み、様々な行事で多くの仲間とともに協力し合う大切さを学び、日々の充実した学園生活を送っていきたいと思います。
その中でも、彩羽祭は見学で訪れたとき、各団体の公演や出し物、展示作品の完成度の高さに圧倒され、楽しい時間を過ごすことができました。
今度は私たちがお迎えする側となり、彩羽祭に来た人たちに楽しんでもらえるよう、盛り上げていきたいです。

はじめてのことばかりでわからないことや戸惑うことも多いと思います。
そんな時は先生方、先輩方、どうぞ温かく手を差し伸べてください。
また私たちがここまで頑張ってこられたのはいつも温かい愛情を持って、時に優しく、時に厳しく支えてくれた家族のおかげです。
ありがとうございます。

最後に私たちは、いつも見守ってくださる方々への感謝と洗足学園の恵まれた環境で勉強できるありがたさを忘れずに、チャレンジ精神を常に持ち、苦手なことや困難なことにも前向きに取り組み、新しいことにも果敢に挑戦していくことを誓います。

2024年4月4日 新入生代表 M.K

校歌斉唱では合唱部の在校生たちが、新入生とともに心を込めて校歌を歌いました。
入学式のフィナーレは、洗足学園中学高等学校フィルハーモニー管弦楽団によるお祝いの曲「威風堂々」の演奏です。
全力で準備してきた在校生の渾身の演奏に、参列した新入生・保護者からは心のこもった大きな拍手が送られました。

入学式後は、各クラスに分かれて担任の先生によるホームルームが行われました。
担任の先生たちは、わかりやすく学級の運営方針やこれからの学園生活についての話をしていました。

いよいよ新生活のスタート。
新入生にとってかけがえのない6年間がはじまります。
新入生の表情は入学前の期待と不安が入り混じった気持ちから、この入学式を通して大きな希望をもって洗足学園の第一歩を踏み出そうという決意に満ちた気持ちに切り替わったように見受けられました。
教職員一同、新入生の学園生活が素晴らしいものとなるよう、全力を尽くしていきます。

>詳しくはこちら

2024.04.03

国際地学オリンピック日本代表に本校生徒が選出されました

本校高校3年N.Mさんが、「国際地学オリンピック」日本代表4名の内の1名に選出されました。

「国際地学オリンピック」は、高校生を主な対象とした地学の問題を解く能力を競う国際大会です。
地学分野に秀でた生徒の発掘と地学学習の促進、そして地学を通じての国際交流・協力の促進を主な目的として、世界各地で毎年開催されています。

Nさんは、NPO法人地学オリンピック日本委員会が主催する「日本地学オリンピック」において、1次、2次予選を優秀な成績で突破。
今年3月に開催された本選に出場し、本選成績上位10名が国際大会代表の座を競う国内最終選抜に出場しました。

最終選抜では英語でのディスカッションと、日本語での面接がありました。
Nさんは、「私は帰国生ではないので、英語に関しては洗足の英語教育に助けられました」と報告に訪れた校長室で語ってくれました。
日本語での面接では、部活動や文化祭などの経験をアピールしたとのこと。
本選における岩石・鉱物・化石鑑定試験では、洗足の理科室にある標本を見て対策したと話してくれました。

国際地学オリンピックは、今年8月8日~16日に中国・北京で開催される予定です。
Nさんの今後の益々の活躍に、期待が募ります。

>詳しくはこちら

2024.04.02

第15回弦楽合奏部定期演奏会が行われます

本年度も、弦楽合奏部の定期演奏会が洗足学園前田ホールで行われます。
一流の音楽環境で演奏できるのも、洗足学園の魅力の一つです。
弦楽合奏部は指揮者を設けず、コンサートミストレスの動きに部員全員が合わせて演奏しています。
弦楽器のあたたかい演奏を、多くの来場者に感動してもらえるよう、部員たちは日々練習に励んでいます。

受験生・保護者の皆様もご来場いただけます。
お誘い合わせの上、是非お越しいただければと思います。

日 時:4月13日(土) 15:30開場 16:00開演(1時間程度の公演となります)
場 所:洗足学園 前田ホール
入場料:無料
問い合わせ先:044-856-2777(弦楽合奏部顧問 大田・柳元)
曲目:インディージョーンズメドレー
   タイタニックメドレー
   弦楽のための交響曲第2番/メンデルスゾーン、オリエンタルウィンド 他

※整理券等はございません。
※定期演奏会のチラシはこちらからご覧ください。

>詳しくはこちら

2024.04.01

「いのちの授業」が産経新聞に掲載されました

3月6日に本校内で実施された中学2年「いのちの授業」が、3月30日(土)の産経新聞に掲載されました。

神奈川県立こども医療センター新生児科部長の豊島勝昭先生のよる本校生徒たちへの講演の内容が、詳細な記事となっています。
豊島先生の立つ新生児医療の最前線の厳しい現実の中で、赤ちゃんとご家族、医師や看護師をはじめとしたスタッフの心と心の繋がりへの生徒たちの思いが記事から伝わってきます。

この記事は、WEB版でもご覧いただくことができます。
こちらのリンクより是非お読みいただければと思います。

>詳しくはこちら

2024.03.29

フィルハーモニー管弦楽団が定期演奏会を行いました

洗足学園には、既存のクラブの枠を超えて、誰もが入部できる特別団体「洗足学園中学高等学校フィルハーモニー管弦楽団」(通称「S-Orch.」)があります。
3月25日(月)、「S-Orch.」の第16回定期演奏会が、洗足学園前田ホールにて開催されました。
通常のクラブと兼部している生徒も多く、週1回土曜日という限られた時間ではありましたが、この日に向けて団員の生徒たちは全力で練習を積み重ねてきました。

定期演奏会では、日本が誇る世界的指揮者であり、洗足学園音楽大学芸術監督・特別教授の秋山和慶先生が指揮をされました。
練習初日には、今年指揮者生活60周年を迎える秋山先生に、出演団員全員からの色紙をプレゼントいたしました。

演奏会のプログラムは以下の通りです。
ヨハン・シュトラウス1世「ラデツキー行進曲 作品228」
ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー「バレエ組曲『くるみ割り人形』作品71aより」
ジョルジュ・ビゼー「『アルルの女』第一組曲より」
ルロイ・アンダーソン「舞踏会の美女」
ルロイ・アンダーソン「セレナータ」
ジョルジュ・ビゼー「『カルメン』第一組曲より」
アラン・メンケン「美女と野獣」

満席となった前田ホールで、秋山先生の指揮のもと演奏する生徒たちの姿は、実に生き生きとしていました。
そして、その音色がハーモニーとなって聴く者すべての心に響きわたりました。

団員たちの心のこもった演奏に、その場にいる誰もが感動に包まれた素晴らしい演奏会でした。

>詳しくはこちら

2024.03.28

教員研修2日目の様子をお伝えいたします

昨日に引き続き、本日行われた教員研修2日目の様子を紹介いたします。

2日目の午前は、教科に関する研修が行われました。
洗足学園では、新たな学習指導要領のもと、各教科独自のカリキュラムを組んで授業を行っています。
しかし、一度策定したものをそのまま続けるのではなく、常にブラッシュアップを行い、より良いものを目指していくのが洗足流です。
教科研修では生徒たちの学力向上を目指して、教科教授、カリキュラム、自己評価など多岐に渡るテーマで先生たちは研鑽を行っていました。
参加する教員一人一人が積極的に発言し、対話を行っていくグループワークショップ形式で研修は進行していきました。

午後は、「学年」の視点から新年度の取り組みに関して、ディスカッションを行いました。
生徒たちのリテラシー能力・コンピテンシー能力をどのように伸ばしていくか、生徒たちの成長に向けてどのようにアプローチを行っていくか、各学年とも白熱した話し合いが行われました。
そして、各学年の話し合いの中で導き出された新年度の取り組みを、全体会で共有していきました。
本校では、こうした教員間の徹底した情報と認識の共有を通して、「自立・挑戦・奉仕」という建学の精神(「不易」)に、社会の変化に応じた取り組み(「流行」)を組み合わせ、常に新しい教育を実践していきます。

2日間の研修を通じて、エネルギーに溢れる先生たちの取り組みから、今よりもっと良い教育をという意気込みが感じられました。
新年度も、洗足学園の教育は進化していきます。

>詳しくはこちら

2024.03.27

教員研修が始まりました

新年度の準備が着々と進む中、本日と明日の2日間にわたって、本校では教員研修が行われています。
洗足学園では生徒たちにクオリティの高い最新の教育を提供できるよう、教員が常にアンテナを張り巡らし、互いにコミュニケーションを取り合いあいながら、教育プログラムを構築しています。
NEWS&TOPICSでは本日と明日、この教員研修の様子を紹介したいと思います。
本日は教員研修1日目の様子をお届けいたします。

27日は、午前に静岡大学教育学部准教授の塩田真吾先生とオンラインで繋がり「インターネットにおける人権問題について考える」をテーマに、講演とワークショップが行われました。
「『思い込み』がエラーを招く」という工学的な視点からの人権問題へのアプローチに、先生たちは新たな着眼点を得て、ワークショップに臨んでいました。
また、「リスクの想像」という観点から問題解決へと繋げていく発想・手法に、SNSをはじめとしたネット社会に生きる生徒たちを導いていく糸口を得たようでした。

続いて、行われたのは各学年からの1年間の総括です。
各学年の学年主任の先生たちの発表を通じて、CHECK(評価)とACTION(改善)を行っていきます。
6学年の動きを全員が共有することで、中長期のビジョンを明確に持つことができます。
この総括から得た材料を、2日目に予定されている新たな年度に向けての学年研修に活かしていこうという先生たちの姿勢が、大変印象的でした。

午後は、校務分掌に関する研修が行われました。
校務分掌研修では、6年一貫教育を担う私学として、洗足学園ならでは教育を提供するための活発な意見交換が行われていました。

教員が自分の目の前にある課題のみではなく、大きな視野で世の中全体を見つめ、これからの社会に必要な力とは何かを的確に捉えることで、生徒たちにより発展的な教育を提供できるようになります。
洗足学園では日々変化する社会に対応した教育を行うべく、教員も立ち止まることなく研修を通じて研鑽を行っています。

明日は教員研修2日目の様子をお届けいたします。

>詳しくはこちら

2024.03.26

ジャパンメトロポリタン模擬国連大会レポート 後編

昨日に引き続き、本日も洗足学園模擬国連同好会主催「ジャパンメトロポリタン模擬国連大会」(JMMUN)の様子をレポートいたします。

大講堂でのオープニングに続き開催された4つの委員会。
初めて模擬国連に参加する学校の生徒たちにも、模擬国連の楽しさを感じてもらえるよう初心者クラスも設け、中級者クラス、上級者クラスと3つのレベルを委員会に設定しました。
どの委員会も世界に跨る国際問題がテーマとなります。

Advanced I (上級1)
議題:United Nations Economic and Social Council(国連経済社会理事会)
Intermediate I (中級1)
議題:United Nations Human Rights Council(国連人権理事会)
Intermediate II (中級2)
議題:United Nations Human Rights Council(国連人権理事会)
Beginner I (初級1)
議題:Food and Agriculture Organization (食糧農業機関)
Beginner II (初級2)
議題:UN Environment Programme(国連環境計画)

参加生徒たちは2日間のプログラムで、白熱した議論を行いました。
本校模擬国連同好会の生徒たちは、各委員会の議長としてファシリテートしながら、参加者が合意できる決議案の採択に全力を尽くしていました。
運営を行った本校の生徒たちも、参加した国内及び世界各国の生徒たちも、実りの多い2日間でした。

2日間の様子を詳細にレポートした模擬国連同好会広報チーム作成の「JMMUN TIMES」を掲載いたします。
是非こちらからご覧ください。

>詳しくはこちら

2024.03.25

ジャパンメトロポリタン模擬国連大会レポート 前編

今年度で9回目を迎える洗足学園模擬国連同好会主催「ジャパンメトロポリタン模擬国連大会」(JMMUN)が、2024年3月23日(土)24日(日)に開催されました。

昨年度までは新型コロナウィルスの影響もあり、対面とオンラインのハイブリッド型で開催されましたが、今年度はすべての会議を対面に戻して実施いたしました。
国内・海外から52校、439名が参加しました。
海外からの参加は、16か国となり、JMMUNが国際大会としての規模を誇る模擬国連大会であることを示しています。

今回のメインテーマは「Magnify: Examining Overlooked Crises」。
初日は開会式のあと、基調講演が行われました。
基調講演では、スロベニア共和国大使館の副所長であるジャカ・ミクラフチッチ氏にお越しいただきました。
生物多様性を重視した世界を目指す上で、経済的な利益を求めつつもクリーンエネルギーを用いるなどして生態系を守る取り組みが必要だと説いていました。
基調講演を終え、ある生徒にスロベニアの豊富な森林を輸出することに賛同するかと聞かれたジャカ・ミクラフチッチ氏はこう答えました。
「今後10年間の割り当てが既に販売されたため、それはできません。」
「そんなにたくさんの森林があるのに?」
「もちろんあります。しかし、これ以上伐採を行っての輸出はいたしません。」
「なぜですか?」
「私たちの掲げる目的は、経済的利益を満たすためではなく、自然を保護することだからです。」

大講堂でのオープニングに引き続き、4つの国際問題をテーマにした委員会が開催されました。
明日は後編として、各委員会の様子をご紹介いたします。
どうぞお楽しみに!

>詳しくはこちら

2024.03.22

生徒活動報告「YEAR BOOK~年輪~」が完成しました

本校では、生徒たちの学園での一年間の活動を生徒たち自らの手でまとめた記録である「YEAR BOOK ~年輪~」を年度末にデジタル発行しています。
2023年度のYEAR BOOKが完成し、この日、編集の責任者であり生徒会専門委員会の一つである報道委員会の委員長が校長室を訪れ、宮阪校長先生にプリントアウトされたものを手渡しました。

体育祭や彩羽祭(文化祭)、紫陽祭(合唱コンクール)をはじめとした学内行事、学年単位で行われる修学旅行やホームルーム研修といった宿泊行事、部活動や委員会活動。
生徒たちの歩んだ一つ一つの軌跡を、リーダーとなって導いた生徒の代表がそれぞれ振り返り、自らの感じたこと考えたことを感想として綴っています。
その文章には、試行錯誤の様子や失敗の中から得た経験、成功に導いた時の感動が瑞々しく表現されていました。
常に前を向き成長していく生徒たちの思いの込められたYEAR BOOKは、本校の宝と言えます。

来月からは、記念すべき100周年となる新たな1年が始まります。
生徒たちの更なる挑戦と飛躍が期待されます。

>詳しくはこちら

2024.03.21

全校生徒参加の体育祭準備が行われました

先日のNEWS&TOPICSで、体育祭実行委員の生徒たちの体育祭に向けた準備の様子をお伝えいたしましたが、いよいよ全校生徒で取り組む準備が3月8日(金)に行われました。

全校放送で体育祭実行委員長の生徒より語られる話を、生徒たちは教室で真剣な表情で聞いていました。
各教室では、事前に実行委員会の生徒が作成した競技の説明動画が放映されました。
実行委員の生徒たちの工夫が光る取り組みと言えます。

その後、各色ごとの集合場所に移動し、応援団の仕切りのもと、競技の選手決めや作戦会議等が行われました。
洗足学園の体育祭の特徴は生まれ月により所属する色が決まり、6年間同じ色で体育祭に参加します。
これにより縦のつながりが生まれます。
高校生は中学生を導き、中学生は憧れの眼差しで高校生の背中を見つめます。
この日も係の生徒たちが全てを仕切り、進行を行っていました。

本校では生徒の自治活動も教育の大きな柱の一つであると考えています。
実行委員の生徒たちが中心となり、試行錯誤しながらも安全で充実した体育祭を目指し、当日に向けて一歩一歩前進しています。

>詳しくはこちら

2024.03.19

吹奏楽部が第31回定期演奏会を行います

春休みに入り、生徒たちは各部の春の公演、通称「春フェス」に向けた準備を行っております。
本日は3月29日(金)に開催を予定している吹奏楽部の定期演奏会についてお伝えいたします。

本年度も、吹奏楽部の定期演奏会は洗足学園前田ホールで行われます。
世界でもトップレベルを誇る音楽ホールで演奏できるのも、洗足学園の魅力の一つです。
来場いただいた方に、耳でも目でも楽しんでもらおうと、生徒たち自身が工夫を凝らし、さまざまな演出に取り組んでいます。

誰もが時を忘れて感動してもらえるよう、部員一同、日々練習を重ねています。
総勢80名を超えるステージをお楽しみください。

受験生・保護者の皆様もご来場いただけます。
お誘い合わせの上、是非前田ホールへお越しください。

日時:3月29日(金) 15:10開場 15:30開演
場所:洗足学園 前田ホール
入場料:無料
問い合わせ先:044-856-2777(吹奏楽部顧問 香川・飯田)

※入場には整理券が必要です。こちらのお知らせをプリントアウトしてご持参いただくか、スマートフォンなどの画面上に表示して受付でご提示ください。
※曲目などの詳細は、こちらのPDFファイルをご覧ください。

生徒たちの自治活動は本校の教育の大きな柱の一つです。
仲間たちと協力し合い、目標に向かって共に努力する経験は、将来の大きな力になります。
洗足学園は生徒たちの頑張りを見守り、応援していきます。

>詳しくはこちら

2024.03.18

中学卒業証書授与式・3学期終業式が行われました

本日、本校では3学期終業の日を迎えました。
NEWS&TOPICSでは、3学期終業式と中学卒業証書授与式の様子をお伝えいたします。

終業式では、高校の部と中学の部に分かれて実施されました。
校歌斉唱に続き、校長先生からのお話がありました。
宮阪校長先生は、「挑戦」をキーワードにお話をされました。
2023年度は、生徒の皆さんの「挑戦」が際立った年であったと校長先生は振り返られました。
今年1月のJAXAの小型月着陸実証機「SLIM」が、世界のどの国も成し遂げられなかった月面へのピンポイント着陸に成功したことを嬉しく思ったと語られ、その後も想定と異なる姿勢での着陸という困難を乗り越えて月面探査に挑み続けていることを紹介されました。
「挑戦」は洗足学園が掲げる教育理念の一つであり、力の源であると述べられました。
春休みは短い期間ながらも、次の一年への大切な準備期間であると話され、明日からの日々を大切に過ごしてほしいと語られました。

続いて、表彰式が行われました。
校内で行われた「読書感想文コンクール」の受賞者、「ビジネスプラングランプリ」など学外活動での受賞者、部活動での大会での受賞者が表彰されました。
校長先生の「おめでとうございます!」という言葉に嬉しそうな表情を見せ、誇らしげに賞状を受け取る生徒たちの姿が大変印象的でした。
表彰式の中で行われた「Harvard Prize Book」の授与では、ハーバード大学在日同窓会より早稲田大学法学部教授の下田啓先生が来校され、受賞者に図書を手渡されました。
授与にあたっての下田教授の英語でのスピーチに、生徒たちは真剣な表情で耳を傾けていました。

その後、舞台には生徒会長の高校2年芳村さんが登壇しました。
生徒会長として登壇する最後の場となる終業式で、芳村さんは生徒たちから寄せられた意見に生徒会としてどのような活動を行ってきたかを報告し、有意義な学園生活に向けてのメッセージを生徒たちに投げかけました。
その姿は、まさにリーダーにふさわしい堂々としたものでした。

中学3年生の卒業証書授与式は、中学の終業式に先立って執り行われました。
担任の先生の呼名に中3生たちは、気持ちを込めて「はい」と返事をし、一人一人宮阪校長先生より壇上で卒業証書を受け取りました。
胸を張って登壇する中3生の姿には、これまでの充実した学園生活を更に高校で飛躍させようという決意が溢れていました。

この1年、生徒たちは学業に行事に、学外活動に、自治活動に懸命に取り組んできました。
この努力と今年度の経験は、4月から始まる新たな学年で、必ず生徒たちの力になるはずです。
100周年を迎え、洗足学園では新しい取り組みが生まれてきます。
学校として今後も生徒たちの成長のために、改革を止めることなく全力を尽くしていきます。

>詳しくはこちら

page_top